日焼け止めの使用期限は未開封で3年、開封済みで1年!使う前に確認しよう!

日焼け止めの使用期限を解説します!使う前に確認してください!

去年の日焼け止めは今年も使えるのか?日焼け止めの使用期限を解説!

結論として、去年の日焼け止めは、開封済みの場合は使用しないことをお勧めします。

なぜなら、菌が増殖していたり、UVカットなどの効果が減っている可能性が高いからです。

使用してしまうと肌トラブルを招いたり、本来の日焼け止めの効果を期待できません。

一般的に日焼け止めの使用期限はどれぐらいか?未開封と開封後で違う?タイプで異なる?

日焼け止めの使用期限は、一般的に未開封のもので3年、開封後のもので1年です。

スプレータイプのものであれば、開封済みでも3年程度もちます。

防腐剤などが無添加のオーガニックタイプの場合は、未開封で1年、開封後で6か月程度となります。

また、未開封の場合でも、高温多湿や直射日光は避けた場所に保管しておくことが大切です。

とはいえ、冷蔵庫の中は温度が低すぎて液が固まってしまうので、常温で保管しましょう。

ノンケミカルの日焼け止めなら何の問題もありません。

使用期限が切れた開封後の日焼け止めには効果があるのか、使うと肌にどんな影響があるのか?

前述でも挙げた通り、開封後の日焼け止めは効果が薄れているうえ、使用すると肌トラブルが起こる可能性があります。

日焼け止めは空気に触れるとUV効果などが薄れてしまいます。

結果、本来の役割を発揮できなくなるんです。

また、日焼け止めには一般的に防腐剤や抗菌剤など成分が含まれています。

しかし、一度開封してしまうと、空気中や肌から菌が付着し、置いておいた期間に増殖してしまう恐れがあります。

使わない方がいい日焼け止め(開封後)をチェックする方法

開封後の日焼け止めが以下のような場合は、使用せずすぐに捨てましょう。

・変色している
・異臭がする

本来の色や質感と変わっていたり、変なにおいがした場合は確実に悪くなっています。

もったいないかもしれませんが、使用して肌トラブルになる前にすぐに捨ててください。

また、大丈夫かどうか確認する手段にパッチテストがあります。

肌の目立たない場所に10円玉程度のせ、1時間ほど様子を見て異常がないか確認する方法です。

使わない方が良い日焼け止めを使って肌トラブルがあった場合はどうすればイイのか

使用してピリピリするなどの肌トラブルが起こった場合、すぐに洗い流しましょう。

その後、タオルにくるんだ保冷剤や、冷たい水でよく冷やします。

そして、使い慣れている化粧水でたっぷりと保湿しましょう。

それでも肌の赤みや荒れがひかない場合は、市販の皮膚薬を用いたり、栄養、休養をしっかりとるなどして肌のターンオーバーを促します。

荒れや痛みがひどい場合は、すぐに皮膚科などの医療機関を受診するようにしましょう。

まとめ:日焼け止めには使用期限がある!

この記事で分かったのは、去年の日焼け止めは、開封済みのものは使用しないほうが良いということです。

元々肌を守るための日焼け止めですから、使用方法を守って正しく使ってくださいね。