無添加化粧品ならお肌に優しい!って本当??

最近よく耳にする「無添加化粧品」。

お肌に優しくて敏感肌にも安心!というイメージですよね!

でも、そもそも無添加化粧品の意味や、なぜお肌に優しいのか?ということをご存知の方は以外と少ないかもしれません。

そこで今回は、

無添加化粧品とは何か
・無添加化粧品は本当に安心?無添加化粧品のメリットとデメリット
・無添加化粧品とオーガニックコスメの違い
・無添加化粧品と自然派化粧品の違い
・無添加化粧品を選ぶときのポンイント

をご紹介していきます!

そもそも無添加化粧品とは?基準や定義はあるのかを解説!

「無添加化粧品」とは、ある特定の添加物が無いという意味で、全ての添加物が無いということではありません。

1980年に厚生労働省が、アレルギーや肌トラブルをこす恐れがある成分として、103種類の防腐剤や酸化防止剤などの添加物を「表示指定成分」に指定しました。

この「表示指定成分を使っていない」=「無添加」とするメーカーが多くみられました。

その後、2001年に、化粧品に含まれている全成分を表示する「全成分表示制度」が導入され、「表示指定成分」は廃止されました。

現状は、無添加化粧品についての明確な定義や法律がないため、とても曖昧になっています。

つまり、何かの成分を配合していない化粧品であれば「〇〇無添加」と表現することができるということです。

現状では、界面活性剤やアルコール、防腐剤、着色料、合成香料などを無添加として表現しているメーカーが多いです。

ですので、無添加化粧品だから安心!ということではなく、「何が無添加なのか」をよく確認して、化粧品を選ぶことが大切です。

無添加化粧品だから安心?危険は無い?メリット、デメリットを解説!

次に、無添加化粧品は本当に安心なのか?危険はないのか?

ということを、メリットとデメリットを含めて見ていきましょう。

無添加化粧品の3つのメリット

まず、無添加化粧品のメリットは次の通りです。

・お肌に優しい成分で作られている
・敏感肌の方も使いやすい
・高品質の商品が多い

無添加化粧品は、やはり何と言っても、お肌に優しいということが大きなメリットです。

お肌の弱い方でも使いやすいですし、そうでない方も、毎日使う化粧品はお肌に蓄積し、何十年後のお肌にも影響してくるので、やはりお肌に優しい化粧品が良いですよね。

無添加化粧品の2つのデリット

一方、無添加化粧品のデメリットは次の通りです。

・高価格なものが多い
・防腐剤無添加のものは、使用期限が短い

無添加化粧品は、合成成分を配合している化粧品と比べると、自然由来の成分などを中心として作られているため、どうしても価格は高くなることが多いです。

また、化粧品が腐るのを防ぐ防腐剤が無添加の場合、化粧品の使用期限はどうしても短くなってしまいます。

以上のように無添加化粧品には、メリットがある一方、デメリットもあります。

しっかりと把握した上で、納得したものを選ぶようにしましょう。

無添加化粧品とオーガニックコスメの違い

次に、無添加化粧品とオーガニックコスメの違いについてご説明いたします。

近年、無添加化粧品と同じように、オーガニックコスメも、お肌に優しい化粧品として人気があります。

オーガニックコスメは、植物由来の成分を配合している化粧品のことで、お肌本来の自然の力をサポートする化粧品として人気があります。
しかし、無添加化粧品と同じように、日本には明確な定義がありません。

植物由来の成分が少しでも配合されていれば、オーガニックコスメということができてしまうのが現状です。

次に、オーガニックコスメのメリットとデメリットをご紹介いたします。

オーガニックコスメの3つのメリット

オーガニックコスメのメリットは次の通りです。

・植物由来成分なのでお肌に優しい
・お肌本来の力をサポートしてくれる
・植物の香りで癒しの効果も

オーガニックコスメの3つのデメリット

オーガニックコスメのデメリットは次の通りです。

・使用期限が短い
・高価格なものが多い
・効果を実感するまでに時間がかかる

オーガニックコスメはお肌に優しく、何と言っても、合成成分にはない、お肌本来の力をサポートしてくれるというメリットがあります。

しかし、植物由来なので、原料の生産が少なくどうしても高価格になってしまいます。

また、植物に含まれる成分が、全ての人のお肌に合うということではありませんので、しっかり成分を見極めることは必要です。

無添加化粧品との違いをみてみると、無添加化粧品は、ある添加物が入っていない化粧品です。

一方、オーガニックコスメは、植物由来の成分を配合している化粧品ということになります。

何れにしても、どちらも定義が曖昧なので、成分をしっかりチェックして選ぶようにしましょう。

無添加化粧品と自然派化粧品の違い

次に、無添加化粧品自然派化粧品の違いについてご説明いたします。

自然派化粧品とは、天然由来の成分が配合されている化粧品のことですが、明確な定義がありません。

つまり、オーガニックコスメと同様、少しでも天然由来の成分が配合されていれば、自然派化粧品ということができてしまうのが現状です。

自然派化粧品のメリットとデメリットをみていきましょう。

自然派化粧品の2つのメリット

・天然成分が配合されているのでお肌に優しい
・植物の香りで癒しの効果も

自然派化粧品のデメリット

・100%天然成分でない商品がある

自然派化粧品は、天然成分が配合されています。

そのためお肌に優しく、合成成分で作られている化粧品にはない、植物によるリラックス効果が期待できます。

ただし、明確な定義がないので、100%天然由来成分でできているわけではなく、合成成分が入っていることがあります。

ですので、注意が必要です。

次に、無添加化粧品との違いですが、オーガニックコスメとの違いと同様、無添加化粧品は、ある添加物が入っていない化粧品です。

一方、自然派化粧品は、天然由来の成分を配合している化粧品ということになります。

つまり、無添加化粧品に、天然由来成分を追加すれば、自然派化粧品ということになります。

無添加化粧品を選ぶ3つのポイント

最後に、無添加化粧品を選ぶ際のポイントを3つご紹介します!

ポイント1:何が無添加なのかを確認すること!

今まで見てきたように、無添加と言っても全てが無添加ということではありません。

ご自身のアレルギーやお肌の状態をよく把握して、何が無添加なのかを確認して選ぶようにしましょう。

ポイント2:お肌の状態に合わせて選ぶこと!

無添加化粧品だからずっと同じものを使っていても大丈夫!ということであはりません。

季節や体調によって、お肌の状態は変化します。

化粧水を例にすると、夏はさっぱりタイプを使っていても、冬だとさっぱりタイプでは乾燥してしまうことがありますよね?

お肌に優しいからと使い続けるのではなく、その時のお肌の状態に合わせて、化粧品を変えることも必要です。

ポイント3:続けられる価格であること!

毎日使う化粧品だからこそ、いいものを使いたい!と高い化粧品を奮発して購入しても、長く続かないですよね・・。

ご自身の続けられる範囲で、お肌にあった無添加化粧品を選ぶようにすると良いでしょう。